--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.27

姥百合

今年のウバユリは、当たり年。

ウバユリと呼んでいますが、たぶんオオウバユリだと思います。
背が高くて、人の身長を超すほど大きなものもあるからです。

緑色がかった花は、あまり華やかではありませんし、
葉は花の咲く時期には結構枯れこんでくるので、
ヤマユリやササユリのような端正な姿とは違いますが、
株数の数は圧倒的で、崖の湯を代表するユリといっても過言ではありません。

お客様からもよく聞かれます。
耳の遠い高齢の女性の方から、
「あの花は何というのかいねぇ?」と聞かれ、
「・・・ウバユリといいます・・」
「はぃー?」
「ウバユリです」
「へぇ、何て言ってるだか聞こえねぇわい」
「・・・・(ひぃー、ごめんなさい)・・・・」
たとえ名前が伝わっても、微妙な空気が漂います。
もうちょっと素敵な名前をつけてくれたらよかったのに。

今年はとてもよく咲いていますが、今年咲いた株は、
種子を実らせると枯れてしまいます。
来年咲くものは、今年花をつけなかった株だそうです。

何年か毎にユリ根狙いのイノシシに壊滅的な打撃を与えられます。
それに対抗するかのように、たくさんの種子を振りまくウバユリ。

夕方から夜にかけて、はっきりと漂う香りは、まさに夏の香り。
涼しい夜風とともにお部屋にも届きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。