--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.04

ハルゼミたち

山が賑やかな季節になりました。
お客様からのご質問も多い音の正体は、
ハルゼミとエゾハルゼミの大合唱です。

表現しづらいのですが、
ジャワジャワジャワーとか、
ジョンジョンジョンジョンという感じでしょうか。
あまり賛同されないような気がします。

鳥なのか、カエルの声かというのが、ご質問に多いのですが、
セミというと大変驚かれます。

鳴きだしてから2週間以上経ちますので、そろそろ弱り始めたセミたちが、
近頃は玄関近くにも姿を現してくれます。
ハルゼミなのか、エゾハルゼミなのか、雄なのか雌なのか、
なかなか同定できずに時がすぎてゆきます。

お子様が図鑑を調べて、「エゾハルの雌だー!」なんて叫んでくれると
とても嬉しいのですが、私自身見比べてみても、うーん、よくわからない。

羽が透明で小型のセミです。寒い朝や夕方冷え込んでくると鳴きませんが、
晴れた日中は、ずーっと鳴いて賑やかです。
この時期鳥たちは、子育て中なのであまりさえずりません。
代わりに山を賑わせてくれる春のセミたちに、なんとなく感謝。

梅雨の終わり、激しく雨が降る頃までには、
雨音に鳴き声がかき消されるように、セミの姿も見えなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。