2015
04.11

椎茸(しいたけ)

このところ、3日と空けず雨が降り、
新芽や新葉が日に日に大きくなっています。
先日の積雪でダンコウバイの花が散ってきてしまいましたが、
かわりにワサビやカタクリの蕾が目立ち始めています。
ひょっとしたら桜よりも早く咲き始めてしまいそうです。

そんな中、山に伏せている原木から小さな椎茸が出ていました。
椎茸は年に2回発生し、春と秋に収穫できます。

スーパーで売っているシイタケは、今ほとんどが菌床栽培です。
菌床というオガクズなどの培地にシイタケの菌糸を培養して、
屋内の温湿度調整で発生させたシイタケで、
コナラなどの原木に穴を開けてしいたけ菌を打ち込んで栽培する
原木シイタケとは栽培方法が違うので、区別されています。

原木シイタケは、香りが良くて、肉厚で、
干し椎茸にして、保存もできるので、とっても重宝。
天日干しの自家製干し椎茸は、美味しいものです。

近くの生産者直売所のアルプス市場では、
原木シイタケの生産が盛んな塩尻市のものを入荷しています。
春と秋の椎茸は、特に美味しい時期ですので、おすすめです。

ところで、我が家のほだ木は、5年以上経ってしまいました。
更新しないといけないのですが、
今年もコナラの木の伐採が間に合わず、
ほだ木を準備することができませんでした。
来年こそは、がんばらないと。



back-to-top