--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.15

学童疎開

Category: 崖の湯今昔
崖の湯では、戦時中、東京からの学童疎開を受け入れていました。
中野区の小学校の生徒たちです。
崖の湯の各旅館に分かれて滞在していたそうです。

高学年だった方は記憶に残されているようで、
訪ねてくださる方がいらっしゃいます。
こちらでは、おいでいただいた方のために
後に訪ねてくださった方の名簿を控えています。

ここから小学校まで歩いて通っていたとのこと。
登校の道すがら、桑畑の桑の実をこっそり食べて、
実の紫色に染まった口で農家にばれてしまい、
しかられた思い出など話してくださいます。

そのころの桑の木の名残でしょうか。
今も崖ノ湯口の交差点から崖の湯に上っていく道沿いには、
大きな桑の木が何本も残っています。

その樹には葛のつるが巻きついて、モンスターのようになっていますが、
その葛に紫色の花が咲きだしました。
濃い香りがあたりに漂っています。
花の時期が長く、8月下旬から9初旬くらいまででしょうか。

お盆を過ぎた途端に、崖の湯には涼しい秋の風が吹き始めました。

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。